キムチのゆう | 日記 | あたふたしてたに違いない開店記

手作り参鶏湯!一日10食限定!!

Top >  日記 > あたふたしてたに違いない開店記

キムチのゆう の日記

あたふたしてたに違いない開店記

2010.12.29

お店は母が祖母から全ての韓国料理を引き継ぎ、身内では右に出るものがいないほどの腕前。
昔から大量のキムチや韓国の惣菜物を作っては、配っている母を見て、「人に食べてもらって嬉しい人なんだなぁ」と思ってました。
開店当初、私はいなかったのですが ど素人の母が全て同時進行なので まわりの方々の助けがあってこそだし、お客様も温かい眼で商品を受け取るまで待ってくれていたんだろうなぁ~と感謝しています。お店に参加するまでは 母はあたふたとしながら仕事してるだろぉ~なぁ~と思い来てみると や~っぱりテキパキ頼りになる方に支えられ 母も頑張ってました。
お店の中から聞こえる会話がお客さんの質問の答えには分かりにくいだろ~!とありますが
多分、母はこれからもど素人気質は抜けないそのままでいると思います。気長によろしくおねがいします。
ポッと現れた韓国惣菜店・キムチのゆうは、そんな母を中心に営業しています。って感じです。

あたふたしてたに違いない開店記

日記一覧へ戻る

【PR】  絵本と童話の店 おおきな木  かばさわ社会保険労務士行政書士事務所  株式会社オートソクハイ(ハニー・ビー福岡・バイク便事業部)  【茅ヶ崎の整体マッサージ】湘南カイロ 茅ヶ崎治療室  【靴下のアンフィニ】楽天市場店